【ベロプラグ】リムテープの代替で軽量化

ベロプラグで軽量化 カスタム

ベロプラグでホイール周りの軽量化

※旧ブログでアクセスの多かった記事を手直しして再掲。

 

リムテープってそんなに重くないので軽量化してもせいぜい数g程度だと思います。

 

でもタイヤ外周部の軽量化は効果が高いと言われるので軽くできるならやってみるのも手です。

 

シマノのホイールWH-RS81-C24 CLについていたの純正リムテープが約30g程度らしいのですが、他社の軽いものでも20gはあります。

 

リムテープを交換したところで10g程度、前後でも約20gですね。

これを良しとするのか大したことないので無視するのか。

 

一ついい案が浮かびました。

リムテープってリムの穴にチューブが食い込んでパンクしないようにするためのものですよね。

なので穴の部分だけ保護されていれば十分なのではないでしょうか。

つまり、ホイール一周分のテープを張るのではなく、穴の部分だけテープなどで塞ぐ。

そうすれば最小限の重量に抑えられるでしょう。

 

では、何を使って穴をふさぐか。

 

ガムテープ、ビニールテープなどがお手軽ですね。

他には今使っているリムテープをカットして弱めの接着剤などで貼付ける。

 

ただ、シマノのリムテープって結構固いので切断面によってはチューブを傷つけることになるかもしれません。

 

ガムテープやビニールテープなら柔らかいのでその心配はなさそうですが、逆にやわらかすぎてリム穴に食い込むのを防ぐには弱いかも?

 

色々考えましたが、自分では答えが出せないのでネットで調べたらいいものが見つかりました。

 

「ベロプラグ」とよばれる製品

リム穴を埋める専用の製品が出てたんですね。
ベロプラグで軽量化

 

素人が下手な細工をしなくて済んでよかったです。

 

お値段なんと1個25円(税別)。

WH-RS81-C24 CLの場合は前後で36個あればよいです。

(せっかくなので予備も含めて72個買っちゃいましたが)

 

バラでも買えますが、72個の場合はこのようにパッケージで送られてくるようです。

 

ちなみに数を数えてみたら、78個も入っていましたw

海外製品なので結構アバウトなのかもしれません。少ないよりはいいですよね。

 

なお、このベロプラグはサイズが2種類あります。

赤が8㎜で黄色が8.5㎜なのでリム穴の大きさに合わせて買うといいでしょう。

WH-RS81-C24 CLは他のブログで黄色をハメているのを見たのでサイズを正確に測らずに買ってしまいましたが。

 

難点は通販だと国内ではあまり売ってないのですね。

自転車ショップでも見たことないですが、手組ホイールに強いショップとかなら売ってるかもしれません。

 

肝心の重量ですが、1個当たり1gもありません。

36個計量器に置いたら7gでした。すごい!

ベロプラグで軽量化

 

リムテープを外してこちらも計量器に・・・

リムテープ2つで31gなので差し引き24gの軽量化です。
ベロプラグで軽量化

 

はめるとこんな感じ。

ベロプラグで軽量化

 

数字で見るとたいしたことないのですが、マイナーな軽量化方法だと思うので徹底的にやりたい人はお勧めです。

カーボンボトルケージに数千円投資するのと同じ感覚ではないでしょうか。

ま、微妙な部分でもカスタマイズすると気持ちがいいですしね。

 

その他軽量化ネタを以下のページでまとめています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました