【プチカスタム】STIレバーの位置の調整をしました【シマノコンポ】

STIレバーの調整方法 カスタム

※旧ブログからアクセス数が多かった記事を再掲

シマノのSTIレバーの位置調整

ShimanoのコンポのSTIレバーの位置調整を紹介します。

やり方は簡単です。

紹介している画像は105(R5800)ですが、アルテグラ(R8000)でも同様の手順で調整可能です。

おそらく最近のコンポなら共通なんだと思います。

 

まず、レバー上部のゴム部分を剥がします。

しっかりと密着しているので若干剥がしにくいです。そんな時は小さめのマイナスドライバーなどで隙間に差し込み、めくってあげると剥がしやすいかもしれません。

※赤丸部分

STIレバーの調整方法

 

剥がすとこんな感じです。

ボルトが見えるので2mmのアーレンキーで回すとレバーの位置が変わります。

時計回りで手前に、反時計回りで奥に移動します。

※赤丸部分

STIレバーの調整方法

 

私は指が短いのでデフォルトよりも手前に来るように調整しました。
わかりづらいかもしれませんが、以下がBeforeAfterです。
105のロゴの上部分に少し隙間が出来て位置が手前に向いていることがわかります。
STIレバーの調整方法STIレバーの調整方法

 

なお、レバーの位置を手前に移動させるとレバーの遊びが無くなるのでいつもどおりの力で握るとブレーキが掛かり過ぎて危険です。

位置の調整後はブレーキの感触を確かめたほうがいいでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました