ルノーのカングーでトランポが捗る!?

ルノーのカングー 雑記

ルノーのカングー

車を買い換えた話。

ロードバイクネタにも繋がります。

 

これまではトヨタのアレックスに10年近く乗っていました。

 

特段故障もなくまだまだ乗れそうでしたが3人目の子供が生まれるのを機に買い換え。

次はミニバンかなと思いましたが、昔からルノーのカングーに憧れていたので思い切って買っちゃいました。

 

カングーは5人乗りですが、横幅が結構広くゆとりのあるサイズです。

子供が3人なのでチャイルドシートやジュニアシートが後席に3つ余裕で並べることが出来る点も決め手。

そしてロードバイクがそのまま載せられる点も重要でした。

 

実際に載せてみる

これまでのアレックスでは荷室が狭いのと車高も低いので後席を倒し、ロードバイクの前輪を外したうえで少し斜めに傾けて載せてました。

ハンドルやサドルが車内に引っ掛かったりして結構出し入れにストレスが溜まるんですよね。

今度のカングーでは後席一つ倒しておけば前輪を外さなくてもそのまま真っ直ぐ載せられます。

これは楽ちんですね。

 

ただゆとりがありすぎて固定用のロープが無いと車を走らせている時ちょっと不安。

こんな感じて固定しています。

ルノーのカングー

 

 

安定のために右側に傾けていますがこの状態だと右のスライドドアを開けたときにハンドルを巻き込むので注意。

まあこのままドアを開けることは無いと思いますが。

ルノーのカングー

 

もしくは、このように後輪側から入れればそのような危険はありません。

ルノーのカングー

 

トランポが捗るのでこれからはより遠出が多くなるかも?

 

ちなみに頑張ればロードバイク3台と大人3人乗ることができます。

ロードバイク用の車載キャリアと接触しても傷つかないようにカバー等で保護する必要がありますが。

カングーのデメリット

国産ミニバンではなくカングーを選びましたが、いくつか気になる点がありました。

  • スライドドアが電動ではない
    国産なら軽自動車でも電動スライドドア装備だったりしますが、カングーは手動です。
    しかも結構重たいので勢いよくビタン!と閉める必要がありますw
  • バックドアの観音開きが左ハンドル仕様
    バックドアが観音開きで左右対照ではなく6対4くらい割合の幅なんです。
    これって左ハンドルなら運転席からバックミラーで後ろを見たときにちょうど広い方のドアが中心に来るので後方が見やすいのですが、右ハンドルだとドアの境目が中心に来て後ろを走る車とかがよく見えません。
    コスト面もあるので完全に右ハンドル仕様にはできないんでしょうね。

 

デメリットと言うか国産ミニバンの装備がとても充実しているので比較するとちょっと物足りない、って思うところもあります。

そもそもフランスでは商用車としての用途が多いのでそこまで求めても仕方無いのでしょうね。

そういった点を含めてもカングーは満足度の高いクルマだと思います。

 

フランス車は壊れやすいとか、外車なので部品交換にお金がかかるといった不安もありましたが、今の所トラブルもなく、快適なカングー生活を送ることができています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました