【度付きサングラス】J!NS Switch(ジンズスイッチ)でロードバイク乗ってみた

J!NSSWITCH グッズ

J!NS Switchを買ってみた

JINSでサングラスを買ってみたのでロードバイクに使えるかレビューしてみます。

 

購入したのはこのJINS Switchと呼ばれる眼鏡の上にカラーレンズをかぶせるタイプのサングラス。

J!NSSWITCH

 

通常は眼鏡としても利用できますが、屋外に出るときや車の運転の際に直射日光を避けるために手軽にサングラスにスイッチできます。

 

クリップオン対応のサングラスとは違い、磁石とフレームのくぼみを利用した専用設計のため、かなりぴったりカラーレンズを取り付けることが出来るので、不自然さは一切ありません。

 

ちなみに以下は取り付けた時の画像。

J!NSSWITCH

このJINS Switchを買ったきっかけは、普段のロードバイクに乗るための準備を少しでも減らそうと思ってのことでした。

私は近眼なので普段はメガネですが、ロードバイクに乗るときはコンタクトレンズを付けて、アイウェアをかけるようにしています。

不便というわけでは有りませんが、ちょい乗りでもコンタクトレンズのつけ外しや手入れが発生するので面倒でした。

 

そこで眼鏡とサングラスを併用できるこのJINS Switchに手を出しました。

ロードバイクに乗ってみた

実際にこのサングラスでロードバイクに乗ってみたので簡単にレビューしてみます。

まだ1回しか乗っていないので他に気になることが出てきたら追記していきます。

風の巻き込み

乗る前の懸念としてはロードバイク専用設計ではないため風の巻き込みが気になっていました。

しかし、実際に乗ってみると普段使っているアイウェアと比べても全然不都合なことはありませんでした。

ただ、少し前傾姿勢がきつめにになるとさすがに風が入ってくる感じが気にはなりました。

 

それでもカラーレンズはフレームにピッタリ張り付いているので不安定さはあったくなかったのは良かった点です。

 

視認性

正面については全く問題はありません。

偏光レンズにもなっているので直射日光が強くてもギラツキが減り目の負担も軽減していると思います。

 

ただし、左右や後方視認性はちょっとよくなったです。

ロードバイク用はフレームとレンズがこめかみに近いところまで湾曲させながら覆ってくれるので視線移動だけでもだいぶ広範囲に周りの確認が出来たのですが、この眼鏡だとやはりそこまで広くないので視線だけで見ようとするとフレームから外れるので顔全体で見ないとはっきり確認は出来ないですね。

まあしっかり見るのは基本なのですが。

 

また、普段使っているアイウェアはフレームレスなので、フレームが見えることに若干違和感がありました。

これは慣れですかね。

私は眼鏡として普段遣いにもするつもりだったのでフルフレームのタイプを選択しましたが、下半分がフレームレスになっているスポーツタイプもあるので気になる方はそちらを選択してみてもよいかと思います。

終わりに

もともとの目的である「ロードバイクに乗る準備の負担軽減」は確実に下がったと言えます。

一日乗るならコンタクトにしますが、時間が少なくて2,3時間程度しか乗れないようなときはこのサングラスが活躍しそうです。

 

ちなみにカラーレンズ用の専用ケースが付いてきます。

わりとしっかりした作りなので気に入っています。

 

J!NSSWITCH

 

このカラーレンズは、この色以外にもスモークやブルーミラーなどバリエーションは豊かなのですが、残念なことにフレームと組み合わせがセットなのでフレームの色とカラーレンズの色を自分で選択することが出来ないのです。

 

私はブラックフレームにブルーミラーレンズの組み合わせにしたかったのですが。。。

カラーレンズ単体も販売はしていないそうです。破損したらメガネごと買い替えしか無いのかな?

 

カラーレンズ単体で販売したらそれだけでも売れそうなのに。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました